2017年12月15日金曜日

♪こんな小春日和の穏やかな日は


事務局長 ● 水谷 博

テンカラウイルスが疼くの、管釣りに行くしかありません。池田町のハーブの里・フィッシングエリアに行ってきました。
早速、レギュラーの12番毛バリで振り込みますが、全く反応がありません。毛バリが落ちても見にも来ません。そこへ通りがかったご主人が「水温は13℃だけど今朝は -6℃だったので水面は冷えていて喰わないでしょう。」とのことでした。背中に日差しの暖かさを感じ始めると、ようやく反応が出てきました。
持っていた毛バリの反応は、よかったものから順に以下の通りです。

[ 1 ] 20番通常毛バリ
    使い始めは入れ喰いのように喰いました。
    ハックルがぼろぼろでテールだけのものにも尺上ブラウンが来ました。

 [ 2 ] ビーズヘッドのエッグ(橙色)
    水面に落ちるとワッと群がります。落下点から1mほど離れたところにいた
    40cmサイズのニジが一直線に泳ぎ寄ってパクリと喰いました。

 [ 3 ] ビーズペッドの20番
    水面下で群がります。喰っているのですが、掛かりはイマイチでした。

 [ 4 ] ビーズヘッドの12番
    尺クラスが反転して喰ってくれました。

 [ 5 ] エッグ(赤色)
    まったく喰いません。見にも来ません。橙と赤の区別がつくようです。